ホーム > 武相ニュース > フットサル部から二人目の日本代表誕生!

フットサル部から二人目の日本代表誕生!

2018/12/13

 本校フットサル部出身の高橋 裕大選手(平成30年3月卒)が、U-19フットサル日本代表選手として、AFC U-20フットサル選手権2019予選を戦います。

 高橋選手は武相高校に入学してすぐにフットサル部に入部、高校1年の春からチームの主力選手として活躍しました。

 全日本U-18フットサル選手権関東大会では、関東代表を決める準決勝にてPK戦で惜しくも敗れ全国大会出場とはなりませんでしたが、高校1年次、高校2年次の夏の高校生(夏高)フットサル大会ではチームを連覇に導きました。大会優秀選手としてその活躍が評価され、夏高フットサル選抜選手としてスペイン遠征を戦いました。

 武相高校フットサル部からは、2016年にフットサルタイランド5にU-20日本代表として出場した多摩大学の米田 圭孝選手に続き、二人目の日本代表選手となります。

12月初旬にモンゴルで開催されたAFCU-20フットサル選手権2019予選において、

U-19日本代表は、マカオ、香港に勝利して2大会連続の本大会出場を決めました。

高橋選手はスターティング5として活躍し、マカオ戦ではゴールを決めるなど本大会出場に貢献しました。

フットサルx

【プロフィール】

◆氏名

高橋 裕大(タカハシ ユウダイ)

◆ポジション

FP(フィールド・プレーヤー)

◆生年月日

2000年1月生まれ(18歳)

◆身長/体重

168cm/60kg

◆出身中学

相模原市立上溝南中学校

◆選抜歴

平成28年度U-18神奈川県選抜、平成29年度U-18東京都選抜・全国選抜大会第3位

フットサル

 

武相トピックス