5

ホーム > 学校案内 > 建学の精神・教育理念

建学の精神・教育理念

武相学園は昭和17年、大平洋戦争の最中、戦々恐々とする時局にあって、創立者石野瑛先生の「向学心旺盛な若者の『夢』と『希望』を実現させる学校が必要である」という青少年熱愛の情熱と強い教育信念によって創設された学校です。

以来七十余年、学園は堅実漸進を伝統とし、建学の精神をもって質実剛健の校風を育み、積極的に社会参加する人材を育成して男子教育の社会的使命を果たして参りました。

建学の精神

本校は、豊かな人間性を持った社会人の育成を目標に、「道義昂揚」「個性伸張」「実行徹底」の3つを建学の精神としています。

武相中学・高等学校 建学の精神

校章について

武相中学・高等学校校章

スクールカラーは「

:至高-道義昂揚

: 静-個性伸張

: 動-実行徹底

エンブレムについて

武相中学・高等学校エンブレム

エンブレムは、「建学の精神」をラテン語で表したものです。

JUSTITIA(Justice  正義)-道義昂揚
CREATIO(Creation 創造)-個性伸張

教育理念

imp1

学園は活力ある男子校として、世に確固たる地位を知らしめた、建学の精神を不動の真理として継承し、創設者の「心眼を開け」という教訓を支柱にして、今後も男子教育の理想を強く求めてまいりたいと考えております。

21世紀の今日、社会の価値観は多様化し、混迷する世情と相まって、教育の分野においても一般社会同様、対応を急務とする容赦のない「変革」の波が押し寄せております。グローバル化する現代社会は、上級学校の学生に求められている人間力を評価する「論理的思考力」、「問題解決能力」、「自己管理能力」、「コミュニケーション能力」等々について、中学・高校生に対して同様の課題を提示しその修養に努める事を強く求めています。

学園は積極的に社会に貢献する人材を育成するために、「真の学力」は何であるかを常に問い続けていますが、これらの時代の要求を真摯に受け止め、生徒諸君と共に「広く、深く、高く」という男子教育の理想を共有し、教育方針とする「知の改革」と「スポーツ興隆」の一体と徹底をもって教育改革にあたり、武相教育が神髄とする「進取の精神」の涵養に努め、「未来志向できる創造的な男子」の育成に尽力してまいります。

imp2

学園に学ぶ全ての生徒諸君は、中学・高校時代を大人社会に仲間入りする準備の期間と位置づけ、社会の動向を注視し、自己改革に本気で向き合い、「懸命に勉強し人のために尽くす」という使命をもって、男子力の向上に意欲的であってほしいと願う次第です。

学園は全教育力、教師力をもって積極的に教育改革に取り組み、21世紀の男子教育の理想を求め続けて参ります。学園の教育方針に対しまして、何卒ご理解とご支援を賜りますことを祈念し、ご挨拶といたします。

「夢をきっとカタチにする」という継続力のある中学生、「本気で自分と向き合う」という意志の強い高校生の皆さんの入学を心よりお待ちしています。

武相トピックス