6

図書部

図書部

図書館の運営に携わると共に、部員の興味に応じて研究テーマを設定し、学園祭および高文連社会科専門部で研究発表を行っています。インターネットや本を調べるだけでなく、フィールドワークも大切にしたいです。

H29年度は「東急電鉄の戦前・戦後の歴史」について調べています。

★過去5年間の活動実績★

【平成28年度】
「初めての鉄道がもたらしたもの」をテーマに活動しました。日本初の鉄道が生まれたことで東海道の宿場がどのような影響を受けたのか、東海道の成り立ちから、明治、大正期の宿場の移り変わりを調べました。また、品川・川崎・神奈川宿の周辺と旧東海道を歩き、フィールドワークを重ねました。
高文連社会科研究発表大会 高文連会長賞(県第3位)

【平成27年度】
「浅野総一郎と鉄道」をテーマに、青梅線、五日市線、南武線と浅野セメントとのかかわりについて調べました。各線に乗車したり、支線の廃線跡を歩きました。また、セメント会社などを訪問しました。
県高文連社会科研究発表大会 高文連会長賞
第19回図書館を使った調べる学習コンクール高校生の部 佳作
ヤマト運輸高校生経営セミナー 第3位
国内MESEコンテスト「知の甲子園」第8位

【平成26年度】
全国高等学校郷土研究発表大会 優良賞
県高文連社会科研究発表大会 高文連会長賞
「鶴見臨港鉄道と京浜工業地帯のはじまり」について研究発表しました。また、研究をまとめ論文とし、奈良大学「歴史フォーラム」、旺文社「全国学芸サイエンスコンクール」に応募しました。
そのほかヤマト運輸高校生経営セミナーに参加しました。

【平成25年度】
横浜市における引きこもり対策について調べました。また、「知の甲子園」に参加し2回戦に出場しました。ゴム産業についてレポートをまとめ、14回「日経STOCKリーグ」高校部門で一次審査を通過しました。 ビジネス研究部と合同でヤマト運輸高校生経営セミナーに参加し、第1位になりました。

【平成24年度】
からくりの歴史と私たちの生活を助けるロボットについて調べました。
ビジネス研究部と合同で次の3つの活動を実施しました。ジュニア・アチーブメント日本による2012年度「知の甲子園」に参加し2回戦に出場しました。タイへ進出した日本食産業についてレポートをまとめ、日本経済新聞社が主催している第13回「日経STOCKリーグ」において、高校部門で一次審査を通過した30チームに選ばれました。 ヤマト運輸高校生経営セミナーに参加し、2月には山内社長を含む経営陣の前で新企画のプレゼンテーションを行いました。

【平成23年度】
黒澤明監督の「天国と地獄」をテーマに研究しました。高文連社会科研究発表大会では特に昭和30年代の麻薬問題に絞って発表しました。
また、ビジネス研究部と合同でヤマト運輸高校生経営セミナーに参加し、自分達で考えた地域貢献活動のプレゼンテーションを行いました

  • 部員数:中4名 高1名
  • 活動日・時間:月~金 HR終了後~17:30 
  • 活動場所:図書館(第3校舎2階)

 

武相トピックス