ホーム > OB情報 > 本校OB島野修さん、道徳の教科書に採用

本校OB島野修さん、道徳の教科書に採用

2017/9/29

教育出版小学4年生の道徳の教科書に本校の卒業生故島野修さんの話が採用されました。

島野さんは本校在校中にエースピッチャーとして活躍し、全国高等学校野球選手権大会に2年連続で出場しました。1968年にドラフト会議で読売ジャイアンツに1位指名され入団しました。その後阪急ブレーブスに移り、引退した後阪急ブレーブス球団マスコットのブレービーとなりました。

最初は自分がマスコットになることには迷いがあったようですが、野球選手であった自分にしかできないこととして1000試合出場を達成するなど大活躍しました。その夢に向かって頑張ってきた様子が「自分らしさをのばして」の単元になりました。

本校の浅川学監は島野さんの1学年下で全国高等学校野球選手権大会に一緒に出場しています。当時の話を聞いてみました。

「島野さんは神奈川に敵なしといわれた当時の武相でも群を抜いて野球の技術が素晴らしかった。島野さんがピッチャーで投げているときにレフトを守っていたが、ボールが飛んでくることがほとんどなかった。また、率先して練習を続ける姿は後輩の目標であり、後に続く後輩には素晴らしい選手が育っていた。ブレービーになったときには、『人形に入るなんて』と声をかけたこともあったが、島野さんは『第2の人生なんだ。どこまでできるか試してみたい』と答えた。周りの人たちも『島野さんは真剣にやっているのだから見守ろうじゃないか』と話し、それからは毎回ブレービーの活躍を楽しみに試合を見ていた。素晴らしい先輩と出会えたことは自分の人生の土台にもなった。」

この島野さんの「自分らしさをのばす」姿は本校の建学精神の「個性伸張」にもつながっています。生徒たちにも素晴らしい先輩を見習い、自分らしさをのばしていってほしいと思います。

                 島野さん1

島野さん2

武相トピックス