5

ホーム > 学校案内 > 校長から

校長から

建学の精神と学園章

武相中学・高等学校長

武相学園は、1942年4月に青少年教育に情熱を抱いていた創設者の石野瑛先生が、県への設立認可中に横浜市富士塚で授業を開始し、第一歩を踏み出しました。さらに高環境を求め現在の場所(篠原町のちの仲手原)に教育環境を構え、設立が認可されました。この認可が下りた6月24日は、本校の創立記念日として制定されています。

建学以来その精神を受け継ぎ、豊かな人間性を持った社会人の育成を目標に、
・「道義昂揚」(社会正義にたって道義をたかめ、秀でた品性をつくって人格の向上をめざす)
・「個性伸張」(自己の個性をのばし、学芸にはげみ、自信をもった生活力をつくる)
・「実行徹底」(志を立てて実行徹底し、責任を積極的に果たして、国家社会に有能に協調、奉仕する)
以上の3つの矢を、精神を育むモットーに、そして日々の学習の礎としています。自らを律しながら意欲をもって学ぶことが出来る人になるよう、また知識と技能を身につけるよう、学校は生徒への支援を惜しみません。

本校ではこの3つの精神を、3色(紫・青・丹=赤)と正方形の重なりで表し、「動静章」と呼ぶ学園章としています。

【中学】未来を見つめ自信を確信へと導く教育!

中学校では、2019年4月より「集団行動に基づく全人教育」を開始することとなりました。集団行動の創設者の本校清原伸彦理事長自らが生徒の成長にたずさわります。溢れる笑顔で「友」を思いやり、お互い手を差し伸べ勇気をもって、お互いを認め合う生徒になってくれるとともに、逞しい身体の成長と勉強と社会生活の基盤が出来るよう全力で先生方がサポートいたします。そして生徒全員で演技を完成させ、達成する喜びを自信につなげ、歩む道の中で確信になる教育をめざします。中学校では、高等学校卒業までの6年間という長期展望に立って、生徒一人一人が日々の学校生活の充実を通じて、将来の目標を達成できるように、新たに中学校独自の教育環境を整えました。ここで学ぶ生徒が生涯の誇りとする学校でありたいと、教職員一体となり教育に取り組みます。

【高校】勉学・スポーツに立ち向かう逞しい力をはぐくむ男子校!

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が目前に迫ってまいりました。グローバル化が進む中、わが国にとっても多くの観光客を迎え情報技術の発達により「AI」を生み出し産業・経済・教育など価値観が大きく変わる年になることが予想されます。私達教育の分野では2020年度にはセンター入試が廃止され、新たな入試制度の導入がはじまり、高等学校と大学の連携も重視されるようになりました。この教育改革の中で重要なことは、常に受身にならず「自らの力で問題を発見し、問題解決出来る能力・思考力を身につける」このような逞しい力を発揮すること、生徒の力を引き出し自立を促す強力なサポーターが先生方であり、生徒諸君の自立と成長に先生方は努力を惜しみません。

 

クラブ活動を通して成長する

高校の運動部は、全国のステージで活躍する強豪校として名を馳せています。過去には硬式野球部の4度の甲子園出場をはじめ、サッカー部、陸上競技部・ボクシング部・水泳部・アイスホッケー部などが全国大会に出場しています。2019年春には、水泳競技に於いて全国JOCジュニアオリンピックカップ男子100M自由形で、またボクシング全国高校選抜大会で優勝する栄誉に輝きました。

 

生徒たちに目指して欲しいもの

私たちが目指すのは、「一生涯を通じて母校としての誇りを持ち続けることが出来る学校」になろう、ということです。

そのために、生徒諸君には、まずは学習にもスポーツにも広く大きく活動して欲しいと思います。その中で、自分とは異なる個性を持つ同級生と出会い、お互いを尊重して欲しいです。そして将来、自分が情熱を注ぐことのできる様々な分野を見つけ、そこで羽ばたいて欲しいのです。

その基礎が武相学園で確立できるよう、教職員一体となって、生徒の背中を支えていく所存です。

 

生徒諸君、勇気を持って今、その扉を開けて下さい。

 

希望に満ちた心を、全力で応援します。

学校法人武相学園
武相中学・高等学校
学校長 浅川昭男

武相トピックス