6

特色

男子を伸ばすのは「男子校」

男子の成長スピードにあわせた教育が「男子校」のセールスポイント !
男子の発達に合わせ、はじめはゆっくりとスタートし、次第にペースを上げて加速していく6ヵ年一貫のカリキュラムです。

男子は女子に比べ心身ともにオクテ。特に中学高校はその差が一番大きく広がる時です。加えて同じ男子でも個人差が大きいので親子で不安になりがちですね。
本校は「必ず皆立派な大人になれる」という信念の元、男子の成長スピードに合わせ、個々の成長差も考えながら、少人数で「手塩にかける」指導を実践。

武相中学校の特色

体験型学習や行事、各種テストや補習の充実はもちろん、習熟度別授業や高校段階でのきめ細かいキャリアガイダンスで、入学時から卒業までの「伸び幅」には大いに自信があります。
生徒各自が自己肯定感を高め、互いを認めあう学校作りを目指しています。

学習面

  1. 1クラス25名程度の少人数制指導
  2. 英語と数学は中1から習熟度別授業を実施
  3. クラス替えは6年間一貫コースの中で (高校段階の「選択授業」「補習」「クラブ」「行事」に関しては高校入学生と一緒になることがあります)
  4. 「予習プリント」→「朝テスト」→「復習」 のサイクルで反復・定着
  5. 補習 →夏期・冬期・春期の自由研究期間に
  6. 入学前の英語事前学習

行事

授業以外にも、「体験学習教育」「進路準備教育」「人格育成教育」の3つの視点からさまざまなプログラムを用意しています。
座学ばかりでなく、体験を重視。あえてPRしていませんが、今流行りの「アクティブ・ラーニング」を実践!

  1. 中1の「西湖キャンプ」では、酪農体験・飯ごう炊さん・青木ヶ原樹海トレッキング・カヌーなどを実施。
  2. 中2の「つくば体験学習」では、宇宙航空研究開発機構(J A X A)での宇宙飛行士模擬訓練・体験のほか、筑波大学訪問、サイバーダインスタジオ(福祉用のロボットスーツを装着体験)、筑波実験植物園、地図と測量の科学館を巡り、筑波山登山も実施します。最先端研究を体感し、理系に強い男子の育成を目指します。
  3. 中2の冬には、志賀高原でのスキー林間があります。
  4. 中3の修学旅行は、3泊4日で「屋久島・知覧・鹿児島」の旅。世界遺産・屋久島では「もののけ姫」のモデルになった森をトレッキングしたり、ウミガメの産卵を観察したりの「自然学習」。知覧では特攻隊の基地と博物館を訪ねる「平和学習」、そして西郷・大久保の故郷・鹿児島では、幕末~維新期を中心とした「歴史学習」を行います。
  5. 中3の終わりから高1にかけては、「ニュージーランドでの3ヶ月留学」が最近新たに加わりました。

中1の西湖キャンプ、中2のつくば体験学習、中3の屋久島・鹿児島修学旅行・・・これらの「体験学習教育」全てを貫く学習目標は、「いのち(平和)の大切さ」と「自然への畏敬」。毎回必ず実施するトレッキングで体力と友情を育みます。

高校段階は各種進路ガイダンスが充実しています。
生徒の6年の「伸び幅」には自信があります。

武相中学校の特色

1人1人成長のスピードが違うだけ。いつかみな立派な大人に…必ずなれる!

だから・・・

自分に自信を持とう。
他人と比較せずに互いをリスペクトしよう。
そんな学校を目指しています。

武相中学校

武相トピックス