6

ホーム > 武相中学 > 特徴と学校生活

特徴と学校生活

武相中学 5つのポイント

①男子校

 規律ある集団生活の中から、自分の個性と役割を認識します。

 

②学習面

・英語 →基礎学力向上の徹底とネイティブによる校内活動で、耳から英語に親しみます。

・体育 →「集団行動」を教材の柱として取り入れ、率先垂範を身に付ける安全教育を実施しています。

 

③オール担任制

 中学担当の教員全員がホームルームや面談に関わる「オール担任制」を導入しました。ホームルーム担任は固定されず、中学担当教員が交替で入るので、いろいろな角度から生徒にアプローチでき、複数の眼で生徒個々の良いところを見出すことが可能です。面談時は、生徒や保護者側から相談内容等で教員をリクエストできるので、教員の得意分野を活かし、より適切な対応が可能になります。学年を縦断して、中学全体が1つのチームとして活動し学び合う、本校独自のシステムです。

 

④高校からは3コースに

   3年後の高等学校では「体育」「総合」「進学(特進)」の3つのコースにそれぞれ進学します。

⑤アクセス抜群の閑静な住宅街に立地

東京・横浜・川崎方面からのアクセスが抜群の、閑静な住宅街に立地しています。

・東急東横線 妙蓮寺駅から徒歩10分

・横浜市営地下鉄線ブルーライン 岸根公園駅から徒歩10分

・JR横浜線 新横浜駅から徒歩18分

・市営バス 武相台下車

38系統(横浜駅西口~東高校前経由鶴見駅西口行)

38系統(横浜駅西口~新子安駅西口経由鶴見駅西口行)

291系統(横浜駅西口~三ッ沢グラウンド・岸根公園経由大口駅前行)

 

特徴

① 武相中の雰囲気

「男子校」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

教室で大爆笑が起きる

純粋な人が多い

善悪の境界線がはっきりしている

先生方が直球で来る

細かいことにはあまり気にしない

友達と何でも話せる

お兄さんのような先生が多く気軽に相談できる

コア・マニアック・ニッチな趣味が共存

クラブや学習に没頭できる

互いを尊重し認め合える

「男前」な生徒が多い

卒業後も長くつきあえる

 

 ・・・これらすべてが、自分次第で可能になる・・・ それが男子校「武相中」です。

    「個性豊かな生徒」が「のびのび学習・のびのび活動」しています。

 

 

 

② ある1日を紹介しましょう。

「登校」

正門から道路を挟んだ正面の50周年記念館が中学棟です。

グラウンドや体育館、特別教室への移動等は、安全のためオーバーブリッジを利用します。

特色1

「授業」

明るくて過ごしやすい教室です。

各教室にプロジェクター・音響スピーカーの設置

1中学

「休み時間」

吹き抜けの明るい廊下やレクリエーションルームでリラックス

2中学

 

 

自習や読書ができるスタディールーム

3中学

こんなクラブ活動があります。

詳細は「クラブ活動」をご覧ください。

部活動一覧

※武相中学校では、バレーボール・剣道・柔道の3種目に専門の指導者を置いて強化します。

○道場やスクール・クラブチームで練習している小学生のみなさん、中学校でもぜひその競技を続けてください。

○広い体育館と専用の柔道場・剣道場でのびのびと汗を流しましょう。

○礼節を重んじ、自分で考え、判断して行動できる男子の育成を目的としています。

 

 

指導者紹介

 

〇中学バレーボール部顧問 上村夏生

社会科教諭。新潟県は八海山の麓、坂本神社第113代目の神主。國學院大學時代はバレーボール部のキャプテンとして活躍。毎週月曜日に実施している本校の「小学生バレーボール教室」での、優しくわかりやすい指導にも定評あり。

hp部活動1

 

〇剣道部顧問 伊佐津周平

理科教諭。剣道4段。横浜市立大学時代は、関東甲信越大学体育大会で、個人優勝。神奈川県学生剣道大会ベスト8の実績を持つ。

㏋部活動2

〇柔道部顧問 佐俣優衣

養護・保健体育科教諭。柔道3段。帝京大学時代は、全日本学生柔道体重別選手権大会優勝(個人・団体)。ヨーロッパジュニア大会3位。ベトナム・ナショナルチームの指導歴を持つ。

hp部活動3

こちらをご覧ください。

 

 

「+ αの学習」

生徒の個性を大切にし、苦手科目をフォローし、得意な分野を伸ばす教育

①「朝テスト」

国語→漢字小テスト

数学→計算力テスト

英語→単語・熟語テスト

 

②「各種検定対策」

実用英語技能検定(英検)年3回

日本漢字能力検定(漢検)年3回

文章読解・作成能力検定(文検)年1回

ニュース時事能力検定(N検)

実用数学技能検定(数検)

 

 

「プレゼンテーション」

総合学習で実施。学年縦断型で取り組みます。

○「国際理解(環境・平和・人権などの問題)」をテーマに調べ学習

→地球的課題を改善するためには、相互に関わり合う「世界の今」を知り、一人ひとりの責任ある行動がいかに重要であるかを考えます。

4中学

 

 

 

 

○学園祭の催し物として実施

→論理的な思考力やスピーチ力、コミュニケーション能力を養います。

 

 

5中学

武相トピックス