11

PTA・後援会

PTA・後援会

PTA広報部より 書籍紹介 その7(2023年度)

2024/2/6

著者  雨穴
書名  『変な家』
出版社 飛鳥新社
発売年 2021年

『変な家』は謎の覆面作家、雨穴によるミステリー小説です
WEBメディアやYouTubeのアカウントで第一章が投稿され、動画は1000万回以上再生されるなどの大ヒット。本作はその続編となる小説です
『変な家』は、ある1枚の間取り図をもとに、不可解な点を解析していくお話しです。その家と関わりのある人物が登場し、間取りのミステリーを解き明かしていく物語になっています。
間取りを見るのが好きな方、普段、小説を読むのが苦手な方でも、どんどん読み進めていける作品です。
読む前に、間取り図を見て、不可解な箇所の考察をしてみても楽しいと思います。
内容的には少し怖いお話しに感じますが、完全フィクションなので、安心して読める作品でもあります。
『変な家2』もあり、2024年春には映画も公開予定です。
是非その前に読んでみて下さい。

▲ページトップへ

PTA広報部より 書籍紹介 その6(2023年度)

2024/2/6

著者  佐藤 多佳子
書名  『一瞬の風になれ』
出版社 講談社
発売年 2006年

自分の夢、友情、恋、挫折、そして何かに打ち込む熱い情熱。
そんな何かに打ち込んだ経験のある人なら誰もが共感できるすべてが詰まった物語。
将来有望なサッカーの天才である兄を持つ主人公、中学までサッカーをがんばってきたが限界を感じ、高校からは足は早かったので、友人の勧めから全く考えもしなかった陸上部へ転向することに…
最初は思うようなタイムも出せず、リレーではうまくバトンを繋ぐことも出来なかったが、元々負けず嫌いで努力家な主人公はみるみるうちにタイムをあげていく。
頼れる仲間や気になる女の子、ライバルでもあるかつて天才的スプリンターと言われた抜群の才能を持つ風変わりな友人。
時には支えあい、また時にはぶつかり合い、悩んだり、迷ったり…お互いに切磋琢磨しあいながら成長していく姿は本当に青春の瞬間。
大人になってからはなかなか体験することのできない情熱が伝わり、陸上経験のない自分でもまるで同じフィールドで体験しているのではないかと思うくらい引き込まれました。
とてもリアルでテンポ感もいいので読みやすく、ドラマ化や舞台化もされており2006年発売後、現在も多くの人に読まれている小説です。
今まさしく青春真っ只中を生きている高校生たちにこそ、読んでほしい一冊です!

▲ページトップへ

PTA広報部より 書籍紹介 その5(2023年度)

2023/11/22

著者  藤崎 彩織
書名  『ざくろちゃん、はじめまして』
出版社 水鈴社
発売年 2023年

作者であるSEKAI NO OWARIのメンバー ピアノ担当の藤崎彩織さんの妊娠、出産、育児の壮絶体験を包み隠さず綴っている、涙あり笑いありのエッセイです。
初めての出産、子育ては未知の世界。
妊娠初期の仕事をしてる時の不安や不満、子供を産んでも仕事をうまく両立できるのか、初めての子育てで夫とうまくやっていけるのか、なかなか言えない思いを赤裸々に、時には面白おかしく、色んな場面で共感できることがたくさんある作品です。
結婚、育児の予定のある人はもちろん、育児中のご夫婦、何十年も前に育児を終えた人にも懐かしく、ほっこりする作品です。
これからの時代、色んな子育ての考え方や仕事に対する考え方、夫婦の在り方など、少し立ち止まって考えられる素敵な作品です。
これから経験するかもしれない、学生さん、女性はもちろん男性の方にも読んで頂きたい書籍です。

▲ページトップへ

武相トピックス